スポンサードリンク

Top >  抜け毛と髪の話 >  海草類は髪によい?

海草類は髪によい?

海草類(わかめ・もずく・ひじきなど)をたくさん食べると、髪の毛が育つと昔からよくいわれています。確かに髪を育てる成分のヨードが海草類には含まれていますから、単純に考えれば役に立つことになりますが、髪そのものの大半はたんぱく質でできています。ですから、海草類をたくさん食べると髪が育つというのはほぼ間違いなのです。

ilm04_fc04001-s.jpg

そもそも日本人にはヨードが不足しているというわけではありません。ですから、海草類=抜け毛対策と考えてたくさん食べてしまうと、逆に摂り過ぎになってしまう恐れがあります。

海草類に含まれているその他の成分、ミネラル分、ビタミン類などは、よい髪質を育てるために役立ちますから、適量をいただくことによってよい髪質を維持できることにつながります。

つまり、海草類は毛がフサフサと生えるなどに効果は期待できないが、健康なよい髪を育てるには役立つということです。

では一体、抜け毛を予防するためには、どんな成分を摂るのがよいのでしょうか・・・

○たんぱく質
大豆・肉類・魚類・卵などに多く含まれている成分です。髪の成分ケラチンの元になります。

○ビタミン(A・E)
ほうれん草や玄米・かぼちゃ・ニンジンなどに含まれています。これらは血行を促進する効果が期待できます。

○ビタミンB群
マグロやレバー・玄米などに含まれ、皮膚の新陳代謝を促進します。抜け毛は髪の毛だけに注視しがちですが、髪がすくすく育つかどうかは頭皮の健康状態が大きく関係します。

○コラーゲン
豚足や手羽先・鯛・ひらめ・長いもなどに含まれる成分です。コラーゲンは人間の体の約1/3を構成している成分です。美肌を作る成分として有名ですが、髪にもツヤをもたらしてくれる効果が期待できます。

リーブ21の発毛施術はシャンプーとコンディショナーが基本。そのシャンプーとコンディショナーを自宅で手軽にお試しできます!⇒⇒⇒<<詳細はコチラです!>>

スポンサードリンク

抜け毛と髪の話

抜け毛が増えて一番心配になってしまうのは、やはり薄毛になってしまうことでしょう。抜け毛の原因は様々な要因が絡み合って起ることが多く、まだまだ解明されていない部分もあります。抜け毛や育毛にはたくさんの説があったりしますが、人それぞれ体質もちがいますから、万人に効果がある方法は存在しません。抜け毛の知識も情報をたくさん集め、自分にあてはまる話を取捨選択しましょう。

関連エントリー

抜け毛の毛根でわかること シャンプーをすると抜け毛を増やす? 海草類は髪によい? 毛髪が持っている役割 髪の毛の構造 ヘアサイクルの話 髪の美しさはキューティクルが決め手