スポンサードリンク

Top >  抜け毛と髪の話 >  髪の毛の構造

髪の毛の構造

皆さん髪の毛の構造がどうなっているのか考えたことがありますか?抜け毛で悩んでいらっしゃる方は、書籍やインターネットなどで蓄えた知識のなかに髪の構造に関しての知識もあるかもしれません。

BTY6005.jpg

髪の毛は、一般的に髪の毛や毛髪とよばれている部分の他に、頭皮のなかにも及んでいることはご存知のことかと思います。

その目に見えている部分というのは、三層構造になっており、構造も量の比も海苔巻きのようになっているとよく例えられます。まず、一番外側の部分は毛小皮とよばれるもので、一般的には皆さんよくご存じのキューティクルです。その内側にあるのが毛皮質とよばれる部分で、髪のほとんどを占めている部分になります。さらにその内側の中心部は毛髄質といわれます。

○毛小皮(キューティクル)
このキューティクルは一枚が約1/1000mmというとても薄い膜で、これが何枚も重なり合ってできています。キューティクルは毛髪のなかでも最も丈夫にできてはいるのですが、一番外側の部分であるため、髪のなかでも最も損傷を受けやすい部分でもあります。また、キューティクルは先端に向かって重なりあっており、摩擦には弱いため、特に逆にブラッシングなどを行うと傷つきやすい部分です。

○毛皮質(コルテックス)
髪のほとんど(80~90%ほど)を占めているのがこの毛皮質です。たんぱく質の繊維で構成され、皮質細胞が重なり合ってできています。また、髪の毛の色が決まるメラニン色素のほとんどは、この毛皮質に含まれています。

○毛髄質(メデュラ)
毛髪の一番中心となる部分で細胞が積み重なってできています。細胞がつながっていない部分も存在しており、毛髄質の量は毛髪の太さ細さに比例しているとされます。毛髄質の役割は十分には解明されておらず、動物の毛には毛髄質の量が多いことから、もともと空気の層による保温の役割をしていたのではないかと考えられています。

リーブ21の発毛施術はシャンプーとコンディショナーが基本。そのシャンプーとコンディショナーを自宅で手軽にお試しできます!⇒⇒⇒<<詳細はコチラです!>>

スポンサードリンク

抜け毛と髪の話

抜け毛が増えて一番心配になってしまうのは、やはり薄毛になってしまうことでしょう。抜け毛の原因は様々な要因が絡み合って起ることが多く、まだまだ解明されていない部分もあります。抜け毛や育毛にはたくさんの説があったりしますが、人それぞれ体質もちがいますから、万人に効果がある方法は存在しません。抜け毛の知識も情報をたくさん集め、自分にあてはまる話を取捨選択しましょう。

関連エントリー

抜け毛の毛根でわかること シャンプーをすると抜け毛を増やす? 海草類は髪によい? 毛髪が持っている役割 髪の毛の構造 ヘアサイクルの話 髪の美しさはキューティクルが決め手