スポンサードリンク

Top >  抜け毛の原因 >  ドライヤーは抜け毛の原因になる

ドライヤーは抜け毛の原因になる

髪を洗った後は、ドライヤーを使うという方がほとんどだと思います。ドライヤーを使うと熱によって髪を傷めるため、ドライヤーは使わずに自然乾燥を行った方がよいという意見と、ドライヤーは使うべきであり、ドライヤーからでる遠赤外線は、頭皮の血行を促進するので育毛効果があるという意見があります。

ilm05_cb05017-s.gif

髪の毛を傷めてしまえば、抜け毛(切れ毛)や枝毛を作る原因になってしまいます。抜け毛に悩んでいる方にとって、毛髪の傷みというのは死活問題であるとさえいえることですね。

ドライヤーの熱が毛髪に悪影響を与える理由というのは、毛髪は熱に弱くてキューティクルはドライヤーの熱によって破壊されてしまうからです。一度破壊されてしまったキューティクルはもう元にはもどりません。

しかし気温が高い季節であれば、タオルを使ってできるだけ水分を取り、後は自然乾燥させるだけで十分かと思いますが、寒い季節であれば下手をすれば風邪をひきそうですし、髪がいつまでも濡れている状態が続くのは毛髪にとってよいはずはありませんね。

ドライヤーを使って髪を傷めてしまうのは、長時間同じ場所にかけることや、近づけすぎるなどです。ですから、これらを避ければそうそう傷むものではないはずです。できるだけタオルドライのみを行い、必要であればドライヤーを使うという考え方でよいと思います。

いくら自然乾燥がいいとはいっても、髪が濡れたまま寝てしまうと毛先が曲がってしまいます。これはブラッシングがスムーズにいかないようになる原因です。抜け毛(切れ毛)を作ってしまう原因になってしまいますから、必ず髪は乾燥させて就寝するようにしましょう。

<<低温でも髪がすばやく乾き、マイナスイオンで髪サラサラになるドライヤー>>

リーブ21の発毛施術はシャンプーとコンディショナーが基本。そのシャンプーとコンディショナーを自宅で手軽にお試しできます!⇒⇒⇒<<詳細はコチラです!>>

スポンサードリンク

抜け毛の原因

抜け毛の原因は、AGA(Androgenetic Alopecia)といわれる男性型脱毛症をはじめとして、食生活や睡眠不足などの生活習慣、あるいはストレスなど様々です。抜け毛を起こす原因は人によってもちがいがありますから、自分にはどのような原因があるのかをまず把握しなくては対策もできません。

関連エントリー

ストレスは抜け毛の大きな原因に 頭皮の汚れは抜け毛の原因 ドライヤーは抜け毛の原因になる たばこと酒と抜け毛 血流が悪くなると抜け毛の原因になる ヘルメットや帽子は抜け毛につながる