スポンサードリンク

Top >  抜け毛の原因 >  ヘルメットや帽子は抜け毛につながる

ヘルメットや帽子は抜け毛につながる

ヘルメットや帽子を長時間かぶっていると、抜け毛を増やす原因になってしまいます。これは機械性脱毛症あるいは圧迫性脱毛症とよばれるものです。

s344a006c-s.jpg

この機械性脱毛症が抜け毛を誘発してしまう原因というのはふたつあります。まずひとつ目ですが、帽子やヘルメットの中が蒸れてしまうことが原因となります。蒸れた状態というのは、細菌が好む環境を作ってしまうため、繁殖を促すことになってしまいます。細菌が繁殖してしまうと毛穴をふさいでしまいますから、新しい髪が生えて来るのを阻害する原因になります。

もうひとつの理由はヘルメットや帽子などが頭皮を締め付けてしまい、血行を悪化させてしまうことです。髪への栄養は血液によって運ばれているのですから、抜け毛の原因になってしまうというわけです。

仕事柄ヘルメットや帽子をどうしても外せないという場合もあります。例えば警察官、工事現場で働く人々、自動車の運転手などです。

こういった職業の方は、実際に薄毛が多いという話があります。しかし「仕事で帽子は必要なんだから、仕方ない」と諦める必要はありません。対策としてはできるだけ帽子やヘルメットを外す時間を増やすことです。

帽子を外した後は、頭皮のマッサージをしておくことやシャンプーは毎日行って頭皮を清潔に保つなどの対応で解決できます。

また、女性の場合にはポニーテールをすることで、長時間頭皮の同じ場所を引いてしまうと、同じ症状があわられる場合がありますから注意してください。

リーブ21の発毛施術はシャンプーとコンディショナーが基本。そのシャンプーとコンディショナーを自宅で手軽にお試しできます!⇒⇒⇒<<詳細はコチラです!>>

スポンサードリンク

抜け毛の原因

抜け毛の原因は、AGA(Androgenetic Alopecia)といわれる男性型脱毛症をはじめとして、食生活や睡眠不足などの生活習慣、あるいはストレスなど様々です。抜け毛を起こす原因は人によってもちがいがありますから、自分にはどのような原因があるのかをまず把握しなくては対策もできません。

関連エントリー

ストレスは抜け毛の大きな原因に 頭皮の汚れは抜け毛の原因 ドライヤーは抜け毛の原因になる たばこと酒と抜け毛 血流が悪くなると抜け毛の原因になる ヘルメットや帽子は抜け毛につながる