スポンサードリンク

Top >  女性の抜け毛 >  抜毛癖(トリコチロマニア)

抜毛癖(トリコチロマニア)

抜毛癖(トリコチロマニア・トリコチロマニー)という、自分で髪の毛を抜いてしまう特殊な症状があります。自分で髪を抜いてしまうのですから、正確には脱毛症とはいえない症状です。

この抜毛癖は、かつて小学生の女の子に多い症状であったのですが、近年若い女性にも激増しているそうです。多くのケースでは無意識のうちに行ってしまう場合が多く、心理的なストレスが背景にあるとされています。つまり、ストレス解消の手段として髪を抜く行為を行ってしまっているのです。

成人している場合には、自覚がある場合も少なくないようですが、子供の場合には、自覚していないことが多いようです。子供が髪を抜くという行為を行っていても、前述したように自覚がない場合が多いのですから、親が見つけても叱るという行為はすべきではないとされています。叱っても、もともとの原因となっている精神的なストレスが解消するものではありませんから、子供の立場に立ってストレスを取り除けるよう考えてあげる必要があります。

自分で自分の髪を抜いてしまっているのですから、髪が抜けた部分がひどい状態なければ、抜くことを止めることによって自然に髪の毛は回復するわけですが、この症状ではメンタルケアを最優先に考えなければなりません。

通常は精神科医に相談すべき症状なのですが、どうしても抵抗があるという場合には、カウンセラーと相談するという方法もあります。

髪の専門家が作った薬用シャンプー、それが「スカルプDボーテ」です。健康な髪を生やす秘訣は、頭皮環境の改善なのです!「抜け毛・細毛・うねり毛」に!洗うのは髪<頭皮がポイントです。⇒⇒⇒シャンプー・トリートメントのセット購入で【送料無料!】

スポンサードリンク

女性の抜け毛

一般的に女性より男性の方が抜け毛に悩む人が多いのですが、女性には独特の抜け毛の原因もあります。抜け毛に悩む人は、男性より少ないといっても、最近は女性で抜け毛に悩む人が増えているのが事実です。その最大の原因は女性の社会進出によるストレスにあるといわれています。

関連エントリー

産後の抜け毛 ダイエットによる抜け毛 女性型脱毛症とは ポニーテルが抜け毛を作る? 抜毛癖(トリコチロマニア)