スポンサードリンク

Top >  AGA(男性型脱毛症)について >  フケの多さはAGAの前兆であることも

フケの多さはAGAの前兆であることも

フケと抜け毛には、一見何ら関係がないように思えますね。しかしAGA(男性型脱毛症)に大きく関与する男性ホルモンが増えることによって、フケが増えるということがわかっています。AGAを起こしている方のうち、フケが増える割合は8割前後ということですから、AGAであるほとんどの方がフケにも悩んでしまうということになってしまいます。

ilm16_aa06006-s.gif

また、抜け毛が多くなり髪の量を気にするようになる前に、フケと同時にフケに伴うかゆみも経験するようです。フケが多くなったら、そういった意味ではAGAの前兆ともいえると思います。

AGAは一時的な脱毛症ではなく進行型の脱毛症ですから、抜け毛が多くなる前にこの時点で気付いて、まず進行を食い止める対策を講じるのが本当は一番よいのですが、「フケが多くなった=AGAの前兆では」とは普通考えることはないでしょうし、自分が薄毛になってしまうなんて信じたくないという人の方が多いでしょう。

フケが多くなってしまったら、まず行う対策としては正しいシャンプーを適切な回数行うことでしょう。フケが多くなると毛穴をふさいでしまったり、汚れがたまりやすくなります。汚れがたまってしまうと今度は細菌が繁殖しやすい環境になり、抜け毛を起こす原因にもなってしまうのです。

シャンプーは1日1回行うようにし、清潔にせねばと意気込んで頭皮を爪でゴシゴシとは洗わないことも大切です。頭皮を傷つけてしまうと、炎症を起こしてしまいますから、頭皮を洗う時には指の腹を使って丁寧に洗うようにします。

リーブ21の発毛施術はシャンプーとコンディショナーが基本。そのシャンプーとコンディショナーを自宅で手軽にお試しできます!⇒⇒⇒<<詳細はコチラです!>>

スポンサードリンク

AGA(男性型脱毛症)について

男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)に悩む男性は大変多く、成人男性では、なんと約30%という高い割合で男性型脱毛症を起こしています。AGAと一言でいっても、人によって原因も様々であり体質も様々です。ですから、AGAの対策も万人に共通するものはありません。AGAは進行する脱毛症ですから、まず、その進行を食い止めることがとても大切なポイントです。

関連エントリー

男性型脱毛症(AGA)とは何か AGA(ハゲ)は遺伝するのか AGAも早期発見が重要 プロペシアとAGAについて フケの多さはAGAの前兆であることも プロペシアの副作用