スポンサードリンク

Top >  育毛剤について >  育毛剤にも医薬品と医薬部外品がある

育毛剤にも医薬品と医薬部外品がある

育毛剤には医薬品に該当する薬剤、医薬部外品、あるいは化粧品に該当する薬剤があります。育毛剤などのコマーシャルで、医薬品や医薬部外品という言葉をきっと聞いたことがあると思います。

ilm14_bc03003-s.gif

医薬品に該当する育毛剤は言葉が示しているとおり、治療に使用する目的のものです。ですから、副作用がある可能性も頭に置いておく必要があるといえる類の薬剤です。

一方、医薬部外品は医薬品に順ずるもので、作用が医薬品よりおだやかなものになります。おだやかなのですけど、副作用が全くないとはいえません。でも、ほとんどないと考えてよい種類です。

それぞれの効能の範囲は以下のようになります。
○医薬品
フケやかゆみを抑制する。育毛、薄毛、養毛、脱毛の予防。円形脱毛症や脂漏性皮膚炎、びまん性脱毛症などにも使用。

○医薬部外品
フケやかゆみを抑制する。育毛、薄毛、養毛、脱毛の予防。

○化粧品
頭皮や毛髪を健やかにする働き。フケやかゆみを抑制する働き。

こうして見ると、医薬品が一番効果がありそうなのですが、医薬部外品の方が医薬品よりより早く商品化できるということもあって、一概にいえない部分があるのも事実です。

とはいえ、多くの育毛剤は効果が認められますから、医薬品などという言葉に惑わされずに自分のための(自分に合うという意味で)育毛剤を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

育毛剤について

抜け毛が増え始めて、まず最初に行うべき対策は抜け毛の原因になっていることをなるべく取り除き、それぞれに対策を講じること。次に頼りになるなは、やはり育毛剤でしょう。育毛剤にはそれはそれはたくさんのメーカーからたくさんの種類のものが販売されています。やみくもに選ばず、自分に合う1本を選ぶ目を身につけることが大切です。

関連エントリー

M-1育毛ミストを使ってみました 育毛剤の選び方 育毛剤に含まれる成分 育毛剤はいつ使えば効果的なのか 育毛剤や発毛剤あるいは養毛剤は違うもの 育毛剤にも医薬品と医薬部外品がある 育毛剤の効果が表れる期間 ミノキシジルとは ミノキシジルの副作用