スポンサードリンク

Top >  育毛剤について >  育毛剤や発毛剤あるいは養毛剤は違うもの

育毛剤や発毛剤あるいは養毛剤は違うもの

育毛剤や発毛剤あるいは養毛剤など抜け毛の対策に使ったり、毛髪を育てる目的で使ったりする薬剤には色々な呼び方があります。

ilm09_al01002-s.gif

皆さんもきっと「これって、何が違うの?」「それぞれに効果の違いがあるのだろうか?」などと疑問に思われたことがあるはずです。筆者もそのうちのひとりなのですが、答えから書いてしまえば、育毛剤でも発毛剤でも実は基本的な違いはないのです。

言葉から想像すると、育毛剤は「髪の毛を育てる薬剤」、養毛剤は「抜け毛を防止し髪を保護する薬剤」、発毛促進剤は「新しく髪が生えるのを促進する薬剤」という見方ができます。

育毛剤などの名称を決めるには、薬事法が絡んでくるわけですが、薬事法には育毛剤とはこういう薬剤に使用する名称などという明確な決まりはなく、期待できる効果の範疇であればどのような名称を使ってもよいことになっています。

「であれば、そんなにたくさんの名称は必要ないじゃん!」と思われるでしょう。(筆者もそうです 笑)呼び名がたくさんあること然り、たくさんのメーカーから様々な養毛剤の類の商品は発売されています。あまりに種類が多すぎて、どれを選んだらよいのかわからないというのが本当のところだと思います。

人間人それぞれに体質も違いますし、抜け毛を起こしている原因も違います。大切なのは、商品の呼び名やコマーシャルには惑わされず、自分にあっている育毛剤を選ぶということです。

スポンサードリンク

育毛剤について

抜け毛が増え始めて、まず最初に行うべき対策は抜け毛の原因になっていることをなるべく取り除き、それぞれに対策を講じること。次に頼りになるなは、やはり育毛剤でしょう。育毛剤にはそれはそれはたくさんのメーカーからたくさんの種類のものが販売されています。やみくもに選ばず、自分に合う1本を選ぶ目を身につけることが大切です。

関連エントリー

M-1育毛ミストを使ってみました 育毛剤の選び方 育毛剤に含まれる成分 育毛剤はいつ使えば効果的なのか 育毛剤や発毛剤あるいは養毛剤は違うもの 育毛剤にも医薬品と医薬部外品がある 育毛剤の効果が表れる期間 ミノキシジルとは ミノキシジルの副作用