スポンサードリンク

Top >  育毛剤について >  ミノキシジルとは

ミノキシジルとは

ミノキシジルという薬の名前を、皆さんもきっとどこかでお耳にされたことがあるでしょう。ミノキシジルは育毛の薬というイメージがあると思います。ですが、実はこのミノキシジルは本来育毛剤として誕生した薬ではないのです。

ilm17_cb01049-s.jpg

ミノキシジルはもともと高血圧の人に使用する血圧降下剤として、アメリカの製薬会社であるファルマシア・アップジョン社(現在のファイザー社)が1970年代に開発した薬です。当初の開発の目的であった、血圧を下げる作用にはさほど効果が認められず、体毛が増えるという副作用がありました。製薬会社はその副作用に着目し、育毛剤として開発しなおしたという少し変わった歴史がある薬剤です。

ミノキシジルに認められている効果は、血管を拡張し頭皮の血行を促進するという作用です。その他にも毛母細胞や毛乳頭細胞を増殖させる働きがあることが着目されています。

アメリカでは、「ロゲイン」という商品名(男性用と女性用があります)で、ミノキシジルを5%濃度含んだものと2%濃度含んだ塗り薬が販売されています。

日本では1999年に大正製薬より「リアップ」という名称で、発毛促進剤の発売が開始されました。これは1%濃度のものですが、これは日本人の皮膚が欧米人の皮膚よりデリケートにできているとされるためです。濃度が高いほうがよく効くと思いがちですが、ミノキシジルも薬剤ですから副作用がないわけではありません。安全性を重視した方が最終的によい結果につながるはずです。

以上紹介した育毛剤(発毛促進剤)は、塗るタイプのものですが、皮膚科などでのAGAの治療では、ミノキシジルがタブレット(錠剤)になった飲むタイプも使用されているようです。

スポンサードリンク

育毛剤について

抜け毛が増え始めて、まず最初に行うべき対策は抜け毛の原因になっていることをなるべく取り除き、それぞれに対策を講じること。次に頼りになるなは、やはり育毛剤でしょう。育毛剤にはそれはそれはたくさんのメーカーからたくさんの種類のものが販売されています。やみくもに選ばず、自分に合う1本を選ぶ目を身につけることが大切です。

関連エントリー

M-1育毛ミストを使ってみました 育毛剤の選び方 育毛剤に含まれる成分 育毛剤はいつ使えば効果的なのか 育毛剤や発毛剤あるいは養毛剤は違うもの 育毛剤にも医薬品と医薬部外品がある 育毛剤の効果が表れる期間 ミノキシジルとは ミノキシジルの副作用