スポンサードリンク

Top >  育毛剤について >  育毛剤に含まれる成分

育毛剤に含まれる成分

育毛剤は使ってみないと、効果があるのかないのかわからないという部分があるのは事実です。これは本当に大きなネックとしかいいようがないですが、人間は全て同じ体質でも同じ生活をしているわけでもありませんから、仕方がない部分です。

cpdo024-s.jpg

しかし、育毛剤に含まれている有効成分を吟味して選ぶのと、フィーリングだけで選ぶのには効果の面でも違いがあってもおかしくないはずですね。

○末梢神経拡張剤(血流促進剤)
センブリエキス、ビタミンE誘導体、塩化カルプロニウムなどです。頭皮や毛根への血流を改善します。

○抗フケ剤
皮脂の分泌を抑制します。

○殺菌剤
皮脂を栄養として繁殖する最近の活動を抑制します。

○毛母細胞活性化剤
ニコチン酸アミド、パントテニールエチルエーテル、アデノシンなどです。毛母細胞を活性化する働きや、毛髪の成長に必要な酵素を活性化する働きを持ちます。

○抗男性ホルモン剤
5α-リダクターゼの働きを阻止する働きがあります。プロペシアにも同じ働きがあります。

○抗炎症剤(消炎剤)
頭皮の炎症を抑える役目です。

○保湿剤
頭皮が乾燥するのを防ぎます。

○栄養補給剤
アミノ酸やビタミンの類です。

○角質溶解剤
角質が大きくならないようにする働きで、フケを抑制します。

なるべく自分の抜け毛の原因になっている要因を改善させる有効成分を選ぶようにすることが、育毛剤選びではとても大切な要素です。

スポンサードリンク

育毛剤について

抜け毛が増え始めて、まず最初に行うべき対策は抜け毛の原因になっていることをなるべく取り除き、それぞれに対策を講じること。次に頼りになるなは、やはり育毛剤でしょう。育毛剤にはそれはそれはたくさんのメーカーからたくさんの種類のものが販売されています。やみくもに選ばず、自分に合う1本を選ぶ目を身につけることが大切です。

関連エントリー

M-1育毛ミストを使ってみました 育毛剤の選び方 育毛剤に含まれる成分 育毛剤はいつ使えば効果的なのか 育毛剤や発毛剤あるいは養毛剤は違うもの 育毛剤にも医薬品と医薬部外品がある 育毛剤の効果が表れる期間 ミノキシジルとは ミノキシジルの副作用